愛犬のトイプードルとドライブ我が家にはトイプードルがいるので、休日には愛犬と共にドライブに出かけることが楽しみのひとつです。

愛犬は、ドライブがとても好きな様子で、車に乗せると、外を眺めたり少しだけ開けた窓から外の空気を楽しんだりしています。愛犬とドライブに行く方も多いかとおもいますが、何点か注意してあげることもあります。

まずは、愛犬が車の中で調子が悪くなったりしていないか、しっかり様子を見てあげることです。私の場合も、最初は近所への買い物程度の時に愛犬を車の乗せてドライブに出かけていました。そこで、特に愛犬に異変がないかを見たのです。

もちろん、ドライブでの環境を整えてあげることも大切です。我が家の場合はハーネスでしっかり車の座席に固定しましたが、ドライブボックスを使うわんちゃんもいるそうです。まずは、運転の妨げにならないように、そして愛犬も落ち着いて車の中で過ごせるようにしてあげることが大切なのです。

最近では、ドッグランがついたサービスエリアなどもあります。ちょっとロングドライブになるときは、しっかりと休憩をとってあげることがわんちゃんの為にも大切になります。お散歩で気分転換してあげたり、排泄をするわんちゃんもいます。我が家も排泄が終わったあとに、ドッグランで軽い運動をしてあげるようにしています。

ドライブ中に、わんちゃん仲間さんとの出会いやお話ができるのは、愛犬を連れて行くドライブならではの楽しみだなといつも思っています。愛犬はすこし遊んだり休憩したりすると、そのまま車ではうとうとすることもあるので、そんな時はゆっくり寝かせてあげています。

そして、目的地についてまたたくさん遊んで楽しい時間を過ごしています。愛犬と一緒のドライブでは、わんちゃんOKのカフェに行ったり、アウトドアを思いっきり楽しんだり、様々な楽しみが広がります。安全を第一に考えながら、これかも愛犬と一緒のドライブは続きそうです。

brothersister私は毎月家族と一緒に遠出にドライブに行きます。

家族と言っても私が30代で両親と同じ30代の兄の4人なのですが、まだ結婚もしていないので子供の時と同じ様に同居をしています。

子供の頃と変わったのが学校から会社になり仕事をするようになったので車も持つようになった事です。

私も兄も友達がいないので休みがあっても自宅でのんびりする事になるのですが、全員休みが合えば晴れた日だと車で山や海を見に行きます。

自宅ばかりに居るよりは外の空気を吸って山や海を見るのは精神的に落ち着くだけではく、知らない道だと大人になっても冒険心があってワクワクしてしまいます。

車の中ではそれぞれ好きな音楽をカーオーディオに入れてバックミュージックにします。私や兄は仕事の話や人間関係と言った会社の話で、両親は近所付き合いの話をしながら情報交換もでき普段の自宅の会話を景色を見ながら楽しめるのがドライブの醍醐味です。

最近はガソリンが高くなったので高速道路を長距離使う様な場所には行けなくなりましたが、一般道でも十分都会を出れば信号もないのでスムーズに走れるので、ドライブに対してストレスが貯まらないで家族全員がリフレッシュして楽しんでいます。

ドライブの楽しみは会話や景色を見たり険しい山道を運転する楽しさもあるのですが、もう一つの楽しみは知らない場所にあるご飯屋で御飯を食べる事です。ドライブは外食も兼ねているのでドライブに行く休日は自宅ではお風呂しか入りません。

お昼と晩御飯は道の駅や個人の店に立ち寄ってご当地の御飯を食べると旅行でホテルで泊まったような気分になれます。

泊りがけの旅行は宿泊代などでお金がかなりかかりますが、日帰りで行く自然を楽しむ為のドライブは気軽に安い料金で普段の生活を一時でも離れられてリフレッシュできるのでストレス解消にはこれからも欠かせません。

若いころに免許を取得し、ほんの少しだけ乗っていましたが、病気をしたりして、以後14年間運転をしてきませんでした。しかし結婚して田舎に引っ越してからというもの、車社会であったため、重い腰を上げてペーパードライバー教習を受講しました。

当時の勘はなんとなく覚えているものの、本当になんとなくで、頼りないものでした。しかし生活に必要なことなので、一生懸命に練習しました。そして実践、先ずは近くのスーパーを目指します。

スーパーで慣れたら、だんだん遠くのスーパーへ(笑) スーパーなら、大抵は駐車場が広いですからね。

自信が持てるようになると、趣味の写真撮影のために遠くの公園までプリウスでドライブできるようになりました。

あと、夜、家事を終え子供を主人に託した後の気ままなドライブ、こんなことまで出来るようになるとは(笑)

運転に集中すると、日頃のストレスは消えていきます。やっぱり自分は運転が好きなんだなあと。

しかし、家族で出かけるときは必ず主人が運転します。これは華を持たせる、という意味で。主人は私の運転が信用ならないようですがね。でも、子供とのドライブは楽しんでいます。

今の目標は、遠く離れた実家にドライブ帰省を自分の運転ですることです。主人とだとサービスエリアによってお土産、食事などしてくれないんですよ。女子ってこういう寄り道も大事なところありますよね。だから、目標です(笑)

大学時代に友人や後輩と自由気ままなドライブをした事がありました。八王子から横浜に抜けて渋谷に向かって八王子に戻るルートです。

夕飯を食べて夜のドライブにレッツゴーとなり始めは大さん橋に向かいました。夜の横浜は夜景がすっごく綺麗でとてもロマンチック…。本当男女二人で来れたらどれだけロマンチックだっただろうか。

仲間内でトイレのマークを真似て写真を撮ったり、橋に出るフナ虫で遊んだりと夜の変なテンションでそれぞれ思いのまま楽しんでいました。

一度コンビニによってから再度ドライブを開始。横浜市街の道路は直線が長く車がいなくてスピードを上げたい衝動に駆られますが、抑えて音楽でテンションを上げます。

渋谷に抜ける道には夜なのもあるのか工事中の所が多くて所々で止められて、みんな眠くなってきたり。でも渋谷でラーメンを食べようという事になり何とか起きるようにみんなで話を盛り上げてました。

疲れてきたところで先にお台場に到着。浜辺に下りて、駆けずり回りました。再度元気になったテンションで渋谷のラーメン屋で食事をして、八王子に戻り解散しました。

たまに夜に思いっきり遊ぶのも凄く楽しいです。目的を持たずに走り回るのもドライブの楽しみの醍醐味だと思います。

青島は最高のドライブスポットですここからは友人の催促により、
急いで九州に向かう事になります。

大阪、京都は素通りし、
鳥取でちょっと寄り道して、
見たかった鳥取砂丘を堪能しました。

是非一度は皆さんにもみて頂きたい景色です。
3月だというのに、鳥取、島根では雪を見ました。
この辺で雪を見れるとは思っていなかったので、びっくりです。

その後、山口県でふぐを堪能、
ふぐといっても高級店は無理なので、
食堂でふぐの唐揚げをいただきました。
ほどよい価格のプリウスと同じ、
ほどよい価格のフグでした。

初体験でしたがとても美味しかったですよ。
そして関門トンネルに入り、10分くらいで九州に到着。
あっという間で少々驚きましたが、
目的地の宮崎までもうすぐです。

そこから大分県を抜けて宮崎県宮崎市へ、
東国原市長がまだ頑張っている時期でしたので、
街も活気がありました。

宮崎県はちょっと日本とはかけ離れているイメージがあります。
空港までの道にヤシの木が生えていたり、
空港ではトロピカルジュースを売っていたり
まさにハワイのようでした。

青島やシーガイア跡地など観光名所を
友人に案内してもらいながら、1週間ほど滞在。
名物のチキン南蛮はまた食べたいお気に入りの味でした。

2ヶ月に渡って、北海道から宮崎まで
少々急いで向かった長距離ドライブの旅。
今度はもう少し色々な街の観光名所を回ってみたいものですね。